So-net無料ブログ作成

Vol.75 FXのほうが外貨預金より有利!

投資や保険など、お金に関する様々な質問や相談に
幅広い分野のプロフェッショナルがズバリ答えるこのコラム。

今回も前回に引き続き、
「FXとは、そもそもどういう取引ですか? 」
を取り上げます。

Q.冬のボーナスが入ったら、貯金だけではなく
投資もはじめてみようと考えています。

FXにも興味があるのですが、
外貨預金などとの違いがどうも理解できません。

また、とても稼いだ人がいるとの話を聞く一方で、
大きな損を出してしまう人もいるようですね。

どうか私のような初心者にもわかりやすく
FXの仕組みを教えてください。

(30代 女性)

今回はカリスマ女性FXブロガーとして活躍中の
専業FXトレーダー Sarahさんに答えてもらいました。

100-120.jpgSarah プロフィール
FXブログ『脱サラ女SarahのFX日記~what a wonderful FX life~』 を運営するカリスマ女性FXブロガー。

語学力を活かし貿易会社に勤務していた頃から
外国為替に馴染み、2005年の8月からトレードを開始。
半年で原資300万円を900万円まで増幅させる。

以来、専業トレーダーとして活動し、メディアからの取材も数多く受ける。
ブログには、多い日だと一日に6000人を超える読者が訪れる。

■そもそもFXとは

FXとは、外国為替証拠金取引の略です。

簡単にいってしまうと、
「円を売ってドルを買う」「ドルを売ってユーロを買う」等
通貨の売買をすることによって、その差益を狙うという仕組み
です。

海外旅行をする際の両替を想像してみてください。

ドル円が101円の時に、円をドルに交換し、
102円のときにドルを円に再度両替しなおしてみると、
1円分儲けたことになります。

ただし、そこには銀行の高い手数料という壁が存在しますので、
実際は1円も儲けることができません。

この点については後で説明しますね。

■FXと外貨預金の違いについて

「外貨預金とFXとではどう違うのか」についてお話します。

結論からいいますと、「FXは外貨預金にもなる」ということです。

外貨預金も、FXも考え方は先ほどお話したとおり、
「外貨を売買する投資法」で、これは両者同様です。

ただし、外貨預金にはいろいろなデメリットがあります。

1.一度預けたら、基本的に中途解約ができず、自由に引き出せない

外貨預金は、定期預金と普通預金の2種類があります。

定期預金の場合ですと、金利収入は大きくなりますが、
中途解約ができません。

万が一、ドルが暴落したら、下落した分だけ損しますよね。

2.手数料がFXの100倍以上

外貨預金の一番のデメリットはコストが高いということ。

ドルが101円のときに買って、102円のときに売れば1円の儲けですよね?

でも、海外旅行で通貨を両替した経験のある方でしたら
おわかりかと思いますが、なぜか、そんなに簡単に得することができません。

銀行の手数料が往復で2円くらいかかってしまうからです。

旅行帰りにあまったドルを円に替えようとしても、
結局買ったときより売るときのほうが損してしまう。

外貨預金も同様でとにかくコストが高い!

一方で、FXのコストは安いところで往復たった2銭!
実に海外預金の100分の1というわけです。

ドルを買ってちょっと上がったところで利食いしてしまえば、
数秒で利益をだすことも可能です。

大体、100万円のお金で運用した場合、
外貨預金だと往復のコストが20000円前後、
FXの場合は、200円前後とお考えください。

3.儲けが少ない

外貨預金で100万円預けたとします。

ドル円で1円の差益が発生した場合、
儲けは100万円に対して1万円ということになります。

しかし、先ほどもいいましたとおり、
往復で2円分のコストがかかりますので、
2円以上レートが動かないと儲けはありません。

FXの大きな特徴として「レバレッジ」というものがあります。

レバレッジとは「てこの原理」という表現の仕方をします。

例えば、米ドルを1万ドル買うとします。

会社によってレバレッジにも差があるのですが、
証拠金10000円で1万ドルの取引ができる会社もあります。

1ドル=100円とすると、レバレッジは100倍ということになります。

つまり、たった10000円で1万ドルの売買ができるわけです。

ただし、「10000円だけ預けて1万ドル買う!」
なんていうリスキーな取引をする方はいませんよね・・・
そんなことしたら、あっという間に資金がなくなってしまいます。

レバレッジを低くするためには、
100万円預けて1万ドル買えばいいのです。

この場合、レバレッジは1倍。

つまり外貨預金と同じ感覚でFXを利用することができるのです。

ちなみに、FX会社の中には、
100通貨、1000通貨単位から始められる会社もあります。

たった100円の証拠金で取引が始められるのもFXの魅力です。

4.円高の時には損をしてしまう

銀行などの外貨預金では、円を売って外貨を買うことしかできません。

つまり、円安のときしか利益をだすことができないのです。

FXの場合は、円高でも円安でも利益を上げることができます

円を売って外貨を買う行為をロング、
逆に外貨を売って円を買う行為をショートといいます。

株の空売りをイメージしていただければわかりやすいかと思います。

「上がったらロング」「下がったらショート」
と上昇、下落相場どちらでも利益を出すことができます。

サブプライムショック以来、ドル円相場は、
ドルが暴落、円が急騰する下落トレンドが続いています。

このような相場では、
外貨預金で利益を上げるのは非常に難しいことですが、
暴落相場で大きく利益を上げたFXトレーダーは
大勢いらっしゃいます


さらに、米金利も去年は4%台だったのがどんどん下がり、
今年はついに1%となりました。

去年の今頃は、金利だけで毎月数十万も儲けていた
金利長者もいましたが、金利だけで大きな利益を上げる時代では
なくなってきたようです。

そうはいうものの、「今が相場の底じゃない?」なんて期待から、
ちまたでは外貨買いが大流行のようですけどね。

■FXは危険?

FXはハイリスクハイリターンというイメージがみなさんあるようですね。

「FXをやりたい」という方の目標設定は人それぞれです。

・貯金感覚で、毎月数万円くらい増やしたい
・時間があるので、毎日しっかりトレードしてバイト代程度は稼ぎたい
・将来的にはトレードだけで生活できるトレーダーになりたい

おそらく、FXが何かもわからない方は
1番目の、「毎月数万円」を目標に始められる方が多いかと思います。

Sarahもトレードを始めた当初は資金30万円、
1000通貨単位でのトレードをしていました。

1000単位の場合、
1円動いても1000円分の利益、または損にしかなりません。

今年のドル円のピークは1月の114円台、
最安値は先月の98円台、値幅は約16円となります。

仮にピークで1000通貨買ってしまい、
最安値の98円まで下がった場合、16000円の損が発生します。

金銭感覚は人それぞれですので一概にはいえませんが、
30万円程度の資金で1000通貨単位程度の取引をすれば、
外貨預金感覚でFX取引をすることも
そんなに難しいことではないということが想像できますよね


■どうして大損するの?

「FXは危険!奥さんには絶対やらせたくない!」
去年サブプライムショックに襲われた際、
マスコミはこのようなイメージをFXに対して植え付けました。

blogFIN75.jpgなぜFXは危険といわれるのか?それは、間違った解釈のもとでトレードをしているからです。

「下がったら買う!上がるまで放置、さらにスワップポイント※もゲット!」
こんな単純な発想でトレードをしていた方々が昨今の円高相場で大損しています。

もちろん、スワップ金利狙いで、入念な戦略を立て、着実に利益を増やしている方はsarahの周りにも大勢います。

成功する人と失敗する人の分かれ道、それは、

・損切りポイントと、利益確定ポイントが明確かどうか
・計画的な資金管理
・セルフコントロール

大きく分けて、以上の3つがキーワードとなります。

これらは超基本的なことですが、
その基本すら理解せずに始める方がほとんどなのです。

結果として、昨今のような大荒れ相場で対処できず、
損切りという意味さえ知らないまま、
大損を出してしまうという結果に陥ってしまうのです。

逆にいうと、これらのポイントさえきちんと押さえていれば、
相場は何も怖くありません。

「FXは危険!」これは大きな間違いで、
「無知な状態で参加すること」これが危険なのです。

あとは、資金管理です。

大損するだけの大金をFXに費やしてしまうから
大損してしまう
のです。

当たり前ですけど、FXの魅力はなんといっても
レバレッジを利用して小資金を効率よく運用できることですが、
レバレッジの使い方を間違うと凶器にもなりかねません。

ハイレバレッジでトレードすれば、
5万円を1ヶ月で50万円にすることも可能なのですから、
その逆だってあるということです。

「大損したくなかったら自分の許容範囲内でFXをする」べきなのです。

リスクの認識をきちんと学んだ上で、
トレードすればそんなに恐ろしいものではありません。

※スワップポイントとは

金利のこと。例えば、金利の安い円を売って
金利の高い米ドルやNZドルを買うと
金利の差額分を毎日受け取ることができます。

今回のポイント!

・外貨預金よりFX口座でレバレッジ1倍取引をしたほうが有利。

・FXで失敗する人と成功する人の分かれ道は
「損切りポイントと、利益確定ポイントが明確かどうか」
「計画的な資金管理」「セルフコントロール」。

・リスク管理を徹底し、(まずリスクとは何かを学び)
 自分の許容範囲内で取引する。

ブックマークに追加する


2008-11-25 11:52  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]
メッセージを送る


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。