So-net無料ブログ作成

Vol.53 今の状態は円高というよりドル安

投資や保険など、お金に関する様々な質問や相談に
幅広い分野のプロフェッショナルがズバリ答えるこのコラム。

今回もVol.49Vol.50Vol.51Vol.52に引き続き、
「FXをするなら知っておきたい、
急激な円高ドル安、そのカラクリと対応」
を取り上げます。

Q.最近、FX(外国為替証拠金取引)をはじめました。

ところが、昨年後半からドル安が急激に進んだため、
相場のスピードについていけず、損をしてしまいました。

ドル安の原因といわれているサブプイライムローン問題によって
アメリカの景気も悪くなりそうだという見方もあり、
私の理解の範疇を超えて、
話の規模がどんどん大きくなっているような気がします。

今回の円高ドル安の背景の解説と、
今後FXで取引をするにあたってのアドバイスを
いただけないでしょうか。

(30代 男性)

今回は外貨投資やFXに関して豊富な知識を持っている
ファイナンシャルプランナーの國場弥生さんに答えてもらいました。

100-120.jpg國場弥生 プロフィール

ファイナンシャルプランナー

証券会社勤務を経てFPとして独立。
現在では、個人相談、セミナー、書籍や雑誌・Webサイト上で
執筆活動を幅広く行っている。

女性FPを中心とする専門家集団「プラチナ・コンシェルジュ」メンバー。

■レバレッジが招く大損失!

パソコン操作になれた若い世代を中心に、人気の高いFX。

少額の手元資金で大きな為替取引ができる、
外貨の買いだけでなく売りからスタートすることもできる、
わずかな為替レートの変動を狙った機動的な取引ができるなど、
その自由度の高さが特徴です。

そんなFXですが、
昨年から為替レートの動きが激しくなったことで、
思わぬ損失を被ってしまった投資家も実は少なくありません。

米ドルは、2007年4月には1米ドルおよそ120円でしたが、
2008年3月には12年ぶりに100円割れを記録するほどの円高ドル安に。

たとえば、1年前に120万円分の米ドル(1万米ドル)を買っていたら、
その価値は20万円も目減りしてしまったことになります。

さらにFXの特徴の1つ、
「レバレッジ」とよばれるしくみを利用していると、
手元資金の何倍もの取引ができるため、その損失も膨らみます。

上記の例で5倍のレバレッジを利用していたなら損失も5倍、
つまり100万円も目減りしてしまうことになります。

リスクとリターンは表裏一体とはいえ、
身の丈以上のリスクを引き受けてしまうと、
取り返しのつかない事態を招きかねません。

自由度の高いFXだからこそ、
リスクを抑える術を身につけることが大切
ですね。

■円高というよりドル安

今回、急な円高ドル安を引き起こしたそもそもの原因は、
アメリカの比較的信用力の低い人むけの住宅ローン
(サブプライムローン)の返済が滞り始めたことにあるといわれます。

住宅価格が値下がりを始めたことで
金利の高いローンの返済に行き詰る人が増え、
関連の金融機関は大きな損失を抱えることになり、
ついにアメリカ経済の先行きまで危ぶまれる事態に発展しています。

blogFIN53.jpg比較的短期間に利下げが行われるなど、
対策が打ち出されてはいるものの、まだまだ楽観できないというのが現状
です。

為替レートは、シーソーのように国同士の力関係を反映して動くもの。

片方の国の状況が悪くなれば、もう片方の国の状況は変わらなくても大きくレートが動くことがあります。

今の円高ドル安はまさにその好例。

日本円の力が強くなっている(円高)というよりは、
サブプライムローン問題などの影響で
米ドルの力が弱くなった(ドル安)ための
円高ドル安
といえそうです。

その証拠に、米ドル以外の通貨に対して
日本円はそれほど強くなっているとはいえません。

例えば、現在1ユーロはおよそ163円(2008年4月25日)ですが、
これは1年前とほぼ同じ水準。

豪ドルについても同様で、
米ドルとは異なる動きをする通貨もあることがわかります。

この「米ドル以外の通貨」の動きが、
今後のFX取引のポイント
でもあるのです。

次回はFXに取り入れたいポイントをご紹介します。

ブックマークに追加する


2008-05-20 11:44  nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:マネー

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。